キャリーバッグのキャスターの部分修理

先日のフェチフェス20でついにキャリーバッグのキャスター部分のタイヤのゴムの部分が全て取れました。

すると「ガタガタガタガタ・・・・」これはヤバいと思い新しいキャリーバッグを買うか修理をするか、考えた結果、安くて良いタイヤになるので修理します!

値段で言うと新しいタイヤが1,650円でキャスター部分を切る為ののこぎりが1,200円程度で頑張れば3000円無いぐらいで行ける事が解ったのと、タイヤ付け替えた方が断然良いタイヤになるので壊れにくいと思いました。

最近のキャリーバッグは8タイヤが多いので自分での修理は難しそうで、替えのタイヤも売って無かった為ってのもあります。

早速、金ノコ買ってきて壊れたタイヤを取り外す作業から

ゴキゴキゴキ・・・もう少しで切れるかな?切れない・・・。

ゴキゴキゴキ・・・もう少しで切れるかな?切れない・・・。

ゴキゴキゴキ・・・もう少しで切れるかな?切れない・・・。いつになったら切れるんじゃ!!っと自分が切れた

それでも何とか着ることが出来、やっと一つ目。あと3つも有るのかよ・・・。休み休み何とか4つ切り落とすの成功。正直、切るのこんなに大変だとは思わなかったです。

ちょっと汚れてはいる物のまだまだ使えそうです。

そして、Amazonで注文して届いた新しいタイヤがこちらです

なるほど。今まで付いていたやつよりちゃんとタイヤってかんじですね。見た感じ台車のタイヤみたい?さそっく取り付け

何も説明書入って無いけど一応長さの違うシャフトの短い方でぴったりですね。ワッシャーは付け忘れけどいいか。

 

若干小さいように見えるけど完了です。これでまた暫くは使えそうです。もしかしたらこっちの方が壊れにくそうだから長く持つかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。